「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 絶賛募集中!! | メイン

双子あるある

標高642mに現存する思い出の場所

皆様こんにちは!
ここ最近、鬱陶しいウイルスのおかげで休日のほとんどを自宅で過ごしておる横田家ですが
先日私の幼少期に何度か両親に連れてきてもらった事のある“生駒山上遊園地”へ家族と行ってきました。
と、いうのも「山の上なら比較的安心だろう!」という完全な思い付きです。(笑)
そこで急遽車を走らせました。振り返ると私もかれこれ20年以上訪れていませんでしたが園内は当時とさほど変わらず非常に懐かしい雰囲気でした。と、ここで私には双子の娘たちがおり【双子あるある】でも本当は書きたかったのですが自分でも驚くほどに性格も違い、共通点も少なく、乗りたい遊具もバラバラでそれはもう振り回されっぱなしの一日となり夫婦揃ってフラフラになりました。
「もう当面は連れてこないぞ!」と、心に誓いつつも今ではこどもを連れて来れる立場になり少しは大人になったのかな?と喜びと責任を感じつつ、桜が散るのを見ながらiPhoneで子ども達を連射する親バカでした。
ちなみにですが、私が痛感した唯一の生駒山上遊園地の変化ですが、乗り放題のフリーパスがこのご時世の影響のせいで廃止となっており想像以上の出費となった事は言うまでもありません。
もし久々に行こうと思われた方がいらっしゃいましたら、お気を付けください。(笑)

桜と共にウイルスの脅威も無くなり、早く世の中が落ち着きますように。


株式会社 浪速試錐工業所 横田将史

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://naniwashisui.jp/mt/mt-tb.cgi/683

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)