「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 2015年04月 | メイン | 2015年10月 »

2015年06月 アーカイブ

2015年06月18日

古井戸の再生リポート

調査部を担当しています當房です。
今回は井戸の現場をリポートしたいと思います。

4月中旬にお客様より「庭にある井戸がつぶれそうなので、、、」
と連絡があり、急遽現地へ。
蓋を開けて中を覗くと歴史を感じる古い掘り抜きの井戸でした。

代々受け継いでこられた井戸だそうですが、長い月日で孔壁が倒れていき
口元は井ゲタの石積みよりも広がっている非常に危険な状況でした。

念のため井戸底を測定したところ12mでした。当時、人力手掘り掘削で12mですよ!!

当時の職人さんたちは、井内に水が溜ってくるのにも怯む事無く
工夫しながらの作業だったと思います。

元もとは飲料でも使っていたようで、戦時中は貴重な水源だったようです。

施主様のご希望で埋めることなく復旧してほしいとのご依頼を受け
後日いつもお手伝いして頂いている井戸工事会社の皆さんとともに作業を実施しました。

仕様はΦ300mmの井戸管(スリット加工をした塩ビ管)を挿入

周りを全てろ過材(砂利)で充填し口元まではマサ土を転圧。

揚水用の水中ポンプを設置後、揚水試験で吐出量を計ってみると毎分100ℓもありました。

作業も無事終了し、潤沢な水量と良い水質であるこの井戸を守ってこられた
施主様は、大変喜んでおられました。これは本当に貴重な財産だと思います。


私にとっても、こんな場面に立ち会えた事は大変勉強になり、良い経験ができたと思います。

数日後伺ったところ、井戸蓋も竹で編んだものに代わっており
綺麗にお手入れが施されているお庭にドーンと存在感を示しておりました。
よかった、よかった。

では次にバトンを渡したいと思います。ご安全に(^-^)

2015年06月23日

メルヘン鹿屋で地中熱HPが設置されました!

鹿児島県鹿屋市のスイミングスクールメルヘン鹿屋で
地中熱ヒートポンプ(90KW)が設置されました。

熱源は水の豊富な鹿児島県鹿屋市ならでは、本井戸、還元井を掘削
無事施設も竣工されました。