「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 2012年08月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月12日

地震と液状化と軟弱地盤対策

すっかり季節も変わり、過ごしやすくなりましたね。
弊社では、11月の浪速試錐工業所の設立50周年を
迎えるまで、あと1ヶ月を切る季節となりました。

50周年に関してご報告があれば、追ってHPなのでUPしたいと思います。

さて、東日本大震災以降、液状化問題がクローズアップされていますね。
先日、一般住宅の液状化対策に助成金の検討を国でもしたが
1件あたりの費用が政府からすると割高だったようで
助成(予算編成)は見送られたというようなことが新聞に載っていました。

普段から「液状化」という単語があふれてる会社にいる者からすると
この検討内容は「ちょっと的外れかな」という感覚をもちました。

というのも、液状化危険地域には「液状化危険度map」
なるものが大抵あり、まずそのハザードマップから
液状化する地域かどうか素人でも検討がつきます。

参考ページ

で、その地図とボーリングデータを比較して見てみると
このデータなら液状化するやろうなって結構明白です。

まして、液状化するかどうかの検討だけならまだお安い
(政府からしたら高くても)ですが「この土地は液状化しますよ」って言われた場合
住宅の建築コストから考える対策費用は割に合わないと思います。
恐らく、その対策費用まで国はみてくれないでしょうし。

液状化の検討は一般的にボーリング調査が必要ですが
地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)の結果から
「液状化の判定と保証」をしてくれる商品が地盤保証会社から出るようなので
その件を含めて今後の地盤保証に関わる話を聞きに
来週東京へ行きますので、またご報告させていただきたいと思います。

地震と軟弱地盤に関しても書きたかったのですが
また機会を改めたいと思います。

Written by masuda

2012年10月24日

地中熱利用ヒートポンプ掘削中in大和高田市

jikoen.JPG

熱効率が非常に良い「地中熱利用ヒートポンプシステム」
現在、奈良県大和高田市の老人施設「慈光園」さんで
工事を進めさせてもらっています。

工事概要ですが、
3F建て18室の各部屋のエアコンをまかなうために
ボーリングマシンで100m×29本掘削し
不凍液循環用シングルUチューブを地中に設置する工事です。

ボーリングマシンを3台投入し、掘削を進めてますが
現在、5ヶ所掘削が完了してUーチューブを設置。
サーマルレスポンス(熱応答)試験もしながら採熱量
の確認をしています。

隣でガス工事もしていて、現場が少し狭くなっていますが
事故のないよう、掘り進めたいと思っています。

完工すれば、西日本最大級の
地中熱利用ヒートポンプシステムの誕生です。

また、追ってご報告したいと思いますのでお楽しみに。


PS:来週、おかげ様で当社は創業50周年を迎えます。
   今後ともよろしくお願いいたします。