「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 安全大会を実施しました 2011.07 | メイン | 2刀流の杭打機 「BA100-パドラ」 »

地中熱利用ヒートポンプ勉強会in奈良

東日本大震災により福島第一原子力発電所で
重大な事故が発生し、他の原子力発電所が点検後の
再稼働ができず、「電気予報」なるものまで登場し
毎日、節電を考える生活となりました。

震災以降、いろいろな再生可能エネルギー・新エネルギーに
注目が集まっています。

当社でも、3年ほど前からかごしま企業家交流会にも
お世話になりながら主に鹿児島で取り組んでいる
「地中熱利用ヒートポンプ」もその注目エネルギーの中のひとつです。

今までも機会をいただく度、いろいろな場所で
当社、後藤による講演をさせていただいてます。

先日も奈良県大和高田市で奈良県建築士会主催の
勉強会に講師として出席させていただきました。

話題が旬なこともあり、皆さま興味をもって熱心に
参加されていました。

「地中熱利用ヒートポンプ」は「地熱発電」とは違い発電するものでは
ありませんが、一年中ほぼ一定の18℃という地中の温度を
循環(ヒートポンプ)させて主にエアコン利用するものです。

ですので、電力は必要ですが地中熱はヒートポンプの中でも
非常に熱効率がいいので通常のエアコンよりも大幅に消費電力を
落とすことができるので結果、節電することができます。

そして再生可能エネルギー(地中熱含む)を設備導入する場合
この8月からは補助金の対象となり公募がはじまります。


導入を検討するいい機会ではないでしょうか?
特に地中熱利用ヒートポンプはオフィス・家庭において
消費電力が非常に高いエアコンに利用できます。

ご希望の方には資料も発送させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。


Written by Masuda

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://naniwashisui.jp/mt/mt-tb.cgi/399

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)