「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 住宅瑕疵担保履行法と地盤調査と地盤補強工事 | メイン | 安息角(あんそくかく)in神戸市長田区 »

安息角(あんそくかく)

今回は安息角(アンソクカク)のお話です。

まず、「安息角」とは・・・・・
力学用語でもあるのですが、地盤用語としても
使われます。

さて、どんな意味でしょうか?
これは、土が自発的に崩れることなく安定を保つ
斜面を表します。

わかりやす説明すると、土の詰まった四角いハコを
地面にひっくり返すと形が崩れて山形になります。

この山形の斜度がいわゆる「安息角」で一般的に
地面を水平として30度の角度といわれています。

土砂崩れになった際、四角いハコのかどの部分は
崩れて流れてしまいますが、山形の部分は土として残り
その上の建物も残るというわけです。

annsokukaku.jpg
                         <参考図>

丘陵地であったり擁壁(ヨウヘキ)が関わる建物を
建てる際には、安息角への配慮が必要で深基礎にしたり、
鋼管杭打設をしたりとなんらかの対策をします。

それにより、土砂崩れがおきたとしても、
とりあえず家は残というわけです。

次回のブログでは
その「安息角」に絡む工事レポートをお届けします!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://naniwashisui.jp/mt/mt-tb.cgi/263

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)