「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月 アーカイブ

2008年12月04日

吉野へ

koyou.JPG

なかなかキレイに色づいていたので奈良の
吉野近くでの現調ついでに撮ってきました。

最近では遠い場所での調査依頼も増えてきて
ありがたいことだなと思っております。

しかし、ボーリング調査や地盤調査などは建物を建てる前の
一番最初の段階となるので、現状ではトラックで簡単に
乗り入れできない現場もしばしばあります。

ですので、事前に現場へ出向き、周辺道路状況
搬入状況を確認しに行くのが現調です。

千本桜で有名な吉野山近くの現場だったのですが
現況は現場へ入るのもためらうような荒れた雑草地・・・
車に戻ったらあちこちにくっつき虫が付いてました^^;

ただ、ここで調査した後、造成工事などの後、
またキレイな新築の建物が建つことでしょう。

桜の季節にまたこちらの地域でお仕事があれば
桜でキレイに色づいた吉野山を是非見たいなと思っております。

2008年12月09日

「須磨区城が山」での地盤改良

akasi.JPG

先日、神戸須磨区城が山にて
湿式柱状改良工事
施工させていただきました。

城が山→「山」という地名そのままの
神戸独特の海側からいきなり海抜の上がった
山になっているロケーションです。

近所の高台には船がたくさん行き交う神戸の海と
明石大橋を見渡せる公園もあり、夜景スポット
にもなりそうな場所です^^

施工現場のロケーションは裏手スグに山がセっていて
谷のようにになっているロケーションで
スウェーデン式サウンディング試験では
裏の山から手前の道路に向い支持層が段々と
ナナメになっているデータ結果となりました。
そのデータをふまえ、深度1.5m~3.5mの
湿式柱状改良工事を施工させていただきました。

施工が終わり、国道2号線を走り出したとき
ちょうど10年前の同じ季節に広島から大阪へと
50ccのバイクで帰った学生時代の寒さと夕暮れ具合が
重なりいろいろ思い出しながら帰路へとつきました。
今回はバイクではなく車でしたが・・・^^*

2008年12月11日

地盤調査in北加賀屋

kitakagaya.JPG

こんにちは^^寒い日が続いております。
風邪ひかないようにと今年は帰宅時に手洗いと
うがいを続けています。単純ですがやはりうがいは
風邪防止に有効のようです^^v

本日の生中継は、住之江競艇で有名な大阪市住之江区で
地盤調査を実施したリポートです。
少し詳しい方なら住之江区=地盤が弱いとリンクされる地域
になると思います。

申請建物は木造3F建ての住宅。
スウェーデン式サウンディング試験での地盤調査です。

元請さま立会のもと、調査を開始しましたが、
まず、1ポイント目から-75cm程で、貫入不能となり
ポイント移動を2回しても同じ状態です ̄д ̄;

他の調査ポイントでも同じレベルで貫入が止まる状態。
やはり、地中に“何か”いる感じです。

引き上げたスクリューポイント(やじり)へ
フェノールフタレイン液をシュッシュと吹きかけると
赤紫色へ変色=アルカリ性に反応
=コンクリート系はアルカリ性
*自然の土で反応することはほぼありません。

sp.JPG

地盤改良の跡だろうか?という推測ですが
以前は築30年は軽く過ぎている家屋が
建っていたそうで、建てるときに何を施したのかは
分かりませんし、それ以前の可能性もあります。

まずは地中障害の撤去が必要となる結果となりました。