「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« SSで試掘サンプリング | メイン | 小学校にて井戸掘りの体験学習 »

ダクパイル杭

冬の足音が聞こうそうな日暮れの早さに加え
寒さも感じ、山も少しづつ紅葉しはじめていますね。

そんな本日の現場から生中継は大阪市内某所での
ダクパイル杭の施工例です。
padora.JPG

大阪市内は基本的に軟弱地盤の多い地域で
スウェーデン式サウンディング試験(以下SWD)を実施すると
たいてい、9.50mまでの貫入となります。(詳細説明は省きます。)

ちなみに今回の建築建物は鉄骨5Fのマンションですので
設計荷重等から考慮して当然SWDではなく
ボーリング調査結果からの支持力検討を行い
深度約20mでのダクパイル杭の施工となりました。

地盤改良が必要とはいえ現地は重機が入るには
めちゃ狭い環境 ;_; (写真参照)

本当に狭く
Φ165.2mm×約20m×3X本分=600m強
の材料をおけば敷地にめいっぱい・・・
パドラ(杭打ち機)も自由に動けず
写真に写っている建柱車でダクパイルを吊り、
写真左奥で打っているパドラへのダクパイルリレー状態。

築年数が相当経っている建物が隣接しており
現場オペ、作業員、監督は大変な現場となっておりました^д^

地面から下の仕事なのではたから見ると
何やってるんだろう?という状況なのですが
竣工がいつか聞いておりませんがおそらく来年には
この上に新築のパリパリッとしたマンションが完成し
入居者をむかえ入れる環境が整うのでは・・・と思っております。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://naniwashisui.jp/mt/mt-tb.cgi/228

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)