「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月14日

地盤調査

先週は気持ちのいい秋晴れの日が
続いておりましたが、今朝は朝から
雨がしとしと降り始めました。

地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)は
毎日のように近畿各地へ行かせていただいておりますが、
雨の日はたいてい朝から「今日は雨やけど調査あるの?」
という電話がかかってきます^^;

建築関係のお仕事で屋外作業となれば
雨が降ればたいていお休みですが
地盤調査は(ボーリング調査も含め)雨でも行います。
よっぽどの大雨と雷の場合は行いませんが・・・・

雨の日に調査を嫌がられる方が稀におられますが
よっぽどの大災害をもたらすような大雨が降れば別ですが
普通の雨では地盤が弱くなることはありません。
表層部がぬかるんでいる場合はありますが
データ自体にはさほど影響がないのが現実です。

雨に日に調査しても大丈夫かな?
とお悩みの方へ・・・
雨の日に調査したからといって
特に問題はありませんのでご安心下さい^^


2008年10月15日

移行期間

いよいよ来年10月から完全施行となる
「住宅瑕疵担保履行法」ですが
現在、移行期間中のため
各指定保険法人によって様々な
指導が行われているようで、今までと違う内容で
とまどわれている業者さんもあるようです。

法律の中身はいたって単純で
「住宅購入者、賃貸の入居者を守りましょう」
「安全な住まい」をという内容です。

当社は地盤調査会社ですので
調査結果にもとづき、考察をださせていただいて
おりますが、その地盤改良の提案内容が
業者さんの見解と違うと「なんで?」
ということもしばしばありますが
あくまでも、沈下の心配がないように
安全に住んでいただくための提案ですので
ご理解いただければと思います。


2008年10月16日

いよいよ明日

先日、案内させていただいていた
賃貸住宅フェア2008in大阪
いよいよ明日からとなりました。

本日搬入作業があり、セッティング作業を
終えて帰ってきたところですが、
セッティング中でも他のブースの人たちが
立ち止まって見て行っていただけるような
ちょっと目立つように工夫を凝らしてみました^^w

どんな感じか気になる方は
ぜひインテックス大阪まで
ご来場いただければと思います^^

10月17日、18日の(金)、(土)
10:00~17:00です!

2008年10月20日

AEDボックス設置しました

賃貸住宅フェアも無事に終えることができました。
会期中にはたくさんの方にご来場いただき
ありがとうございました。

どれだけ「ポンさく」の名をアピールできたかは
今後の結果にはなるかとは思いますが
ひとつ驚いたことがあります。

そう、それはタイトルにもなっている
「AEDボックス設置」に関して。。。
先週の火曜日10/14に都市型展示場マイドーム大阪様へ
AEDボックス4台を設置させていただいた所なのですが、
ブースに来ていただいたお客様と会社のパンフレット
を見て頂きながらお話していると、考えるような顔をされ
「マイドームでおたくの会社(名)見たわ。
何かな~、これ(AEDの無料設置)?と思っててん」
と言われかなりビックリしてしまいました。

というのも、AEDボックスの設置から住宅フェアまで3~4日
しか経ってないのに、いわば、無名の会社名を覚えて
頂いていたからです。
そこでポンさくの話からAEDの無料設置の仕組みに
関してお話させていただきもうひとつの
いいキッカケとなりました^^w

気になる方にわかりやすく・・・
広告スポンサー収入によりAEDボックスの設置費用をまかない
広告をAEDボックスの本体に載せるのが、この仕組みです。
詳しくはお気軽にお問合せください。

今回、浪速試錐(なにわしすい)工業所という
個性のある会社名の良さを改めて感じました^^*
今後ともよろしくお願いいたします。

mydomeaed.JPG

mydome.JPG

2008年10月27日

SSで試掘サンプリング

先日、昔からお付合いをしている構造家さんから
スウェーデン式サウンディング試験(以下SS:SWDとも表記の場合あり)で土のサンプルを
採取して、それを土質試験にかけて検討したいから
なんとか採られへんもんかなあというお話がありました。

というのも場所は大阪市内で新築建物は
鉄骨2階建ての診療所、地盤が軟弱な地域なので
本当ならボーリング調査が一番良いのですが
ボーリングするには予算が厳しいので
SSでなんとか土を採って土質試験にかけて
予算をおさえたいということなので
とりあえず、やってみようということになり
試掘サンプリング付きでSS調査を実施しました。

今までもご要望があれば、表土2mまでの
試掘を実施して土質を報告書に別途記載していますが
実際に機具としてのSS用のサンプラー(下記写真)を使用し
1m、3m、5mの3ヶ所というのはなかなか大変でした。
というのもサンプラーは径が小さく実際に使うにはなかなか
デリケートな代物です。

今回は、深度○mでという構造家さんの
指示のもとでサンプリングし水位測定をしましたが
なんとかうまくいったような気がします。
次につながればと思います。

sumple%20%281%29.jpg sumple.jpg

sumple%20%283%29.jpg sumple%20%282%29.jpg