「安定した地盤」は安全な住まいづくりの基本です。

« まだまだ知られていない土壌汚染の本当のリスク | メイン | ☆メールマガジン創刊☆ »

ISO14000定期審査

13日・14日2日間に亘りISO14000の定期審査が無事終了しました。
毎年この時期に定期・更新審査があり、今年は定期審査の年、
3年に一度は、更新とバタバタとしなければなりません。
今年は、年明けから営業部に新しい人材が増え+部門の拡大+セミナーと
駆け足できましたから、審査の準備期間がなかなか取れず、
ISOに対する余裕がありませんでした。
写真は審査模様です。
VFSH0002.JPG
JQA審査員の大石様が担当者で紳士的な態度+審査のわかりやすさで、
2日間有効な時間をすごせました。

当社がなぜISO14000(環境)を取ったかと言いますと、
土壌汚染の仕事・工事部門では鋼管杭の専門・井戸工事等
環境に携わる仕事を全員でやってきたからです。

審査には今回カテゴリー等は無かったのですが、改善の機会の指摘も受け
早速書類と格闘しております。
忘れないうちにしとかなければ、
またこういった取り組みの中からは、いろいろな発見も出てきます。
ことしで4回目審査、取得5年目に入りました。来年の審査まで1年間がんばろ・・・

社長のブログでもISOについて少し書いてありましたが、
数字ばかりでなんでやねんと思う所もあるのですが、
《継続は力なり》でがんばります。

審査が終わって張り詰めていた気持ちも少し取れ、
今日はホワイトデーなので、嫁さんと美味しい物でも食べに行って、
日ごろに感謝します。

今日はもう一つ嬉しいことがありました。
当社のホームページをみて個人様から電話で問い合わせがありました。
ご説明に不明な所は無かったでしょうか?
もしご覧になられてましたら何なりとご質問ください。

今日はこの辺で・・・帰ります。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://naniwashisui.jp/mt/mt-tb.cgi/57

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)