地盤・地下水

ボーリング調査

ボーリングは、ロータリーボーリングマシンを使用して、コアチューブ方式により行い、削孔時はスライムの状況、レバー感度、掘進速度、送水圧等の変化に注意しながら、層変りに確認を行った。更に地質の判定はサンプラーにより、採取された試料を直接観察することによって行っていきます。

柱状図(PDF)

スウェーデン式サウンディング試験

地表面から最大深さ約10mまでの、軟質な土の硬軟、締まり具合、土層構成を判別する為の抵抗値を求めるための試験です。

試験手順

  • 1

    ロッドの先端にスクリューを取り付ける

  • 2

    ロッドを地層面に垂直に立てる

  • 3

    最初に50N(5kg)の荷重を載荷し、貫入するかどうか確かめる

  • 4

    貫入しない場合は、貫入するまで次々と載荷する。ただし、最大1kN(100Kg)までとする(Wsw)

  • 5

    おもりをのせたまま、25cm貫入するまでハンドルを回転し、半回転数を測定する

  • 6

    25cm当たりの半回転数を貫入量1m当たりの半回転数を測定する(Nsw)

  • 7

    上記作業を貫入不可となるまで繰り返す

試験データ
Wsw
1kN以下で貫入した場合の荷重(N)
Nsw
Wswの状態で1m貫入するのに要した半回転
数試験時の音や状態も記録します。
試験結果の利用
N値との関係として次式を使用します
qa=30+0,6Nsw
(国土交通省 告示1113号)
砂質土
N=0,002Wsw+0,067Nsw(稲田式)
粘性土
N=0,003Wsw+0,05Nsw(稲田式)
国土交通省 告示1113号
長期
qa=30+0,6Nsw(kN/m²、Nsw≦150)
短期
qa=60+1,2Nsw (kN/m²、Nsw≦150)

オートマチックラムサウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験では困難だった「N値が30を超える地層」でも、「深度20mを超える測定」でも余裕を持った測定作業が可能です。

使用機械
使用機械

平板載荷試験

平板載荷試験は、建築物を建てる際にその土地がどのくらい重量に耐えられるあを求める地耐力試験の1つです。平板載荷試験いおいては、直径300mmの平らな鉄板に荷重をかけ、その時の時間経過による変異を測定し、荷重・時間・変位の関係から地耐力を求めます。

載荷装置図
載荷装置図

井戸工事

土壌汚染調査

関西、大阪近辺の地盤改良,地盤調査,ボーリング調査のことなら浪速試錐工業所へ

お問い合わせはこちら!

ページの
トップへ